竹盧山房

名前だけは聞いたことがあったけど御縁がなかった。

それがとあることがきっかけでお食事をすることができました。

場所は周南市の『竹盧山房』

1日1組限定、そして年2回だけ予約日(5/1と11/1)があり、その時に半年分の予約を取るそうです。

今回は一緒にお仕事をさせていただけていてるKさんのお客様の招待でいけることになりました。

隠れ里のようなところにポツンとあるお店なんですが、店内に入ると外の世界と全く違う雰囲気がありました。

まず店内に入って目に入るのが、数々のお酒のラインナップ

お酒好きなら誰もが知ってる銘柄がズラリと並んでました。

料理はコースなんですが、一品一品凝った料理でした。

中でも感動したのが蜂蜜に漬け込んだ白トリュフのソースでした。

椀の中はカブのお吸い物。味付けはゲランドの塩。

サラダはとらふぐのカルパッチョ。

鮃の縁側をよりプリッとさせたような食感。また左にあるお寿司は赤酢とオリーブ油の組み合わせに驚いた

色は濃いけどベシャメルソースはあっさりとした味でした。香りが立ってた

手作りの薫製肉、いちごにはコニャックをかけて食べた(あのコニャック!)

烏骨鶏のTKG。いやはや。。。言うことなし!

締めのご飯はトリュフご飯と熟女和牛でした。

わいわい、飲みながら過ごしていたらあっという間に5時間が経過していました。

時間を忘れさせてくれるような料理とお酒でしあわせな時間でした。

今回ご招待ということでしたが、今回一緒に食事をした人たちとはいつかまた行きたいねと満場一致。

ということで5/1と11/1に頑張ってみたいと思います。